転職はじっくり考えて行うべきです

大学生の30%が3年以内に転職する時代になっています。
昔のように、我慢して生涯一つの企業に勤める事が美徳ではない時代になったのです。
しかし、一方で30%近くの人が、依然として一つの企業で定年まで勤め上げておられるのも事実です。
自分に向いていない職業や会社なら若い内に転職し、自分に適した仕事や会社に転職すべきというのも一つの意見です。

また、これとは反対に、自分に向いているか否かなど、3年やそこらでは判らないという意見もあります。
3年程度はどんな職業でも見習い的な時期で、本当のやりがいや、仕事の楽しさなど、まだまだ判らないと言う理由からの意見です。

どちらの意見にも一理あります。要は転職に当っては、軽い気持ちではなく、自分の将来にとって重要な選択であるとの思いで考えた上で、判断する事が重要なのです。

転職によってスキルアップを図り、飛躍していく人もいれば、こんなはずではなかったと、転職を悔いる人もいます。

特に、今の職場に対する不満から転職を考える場合は、それが転職によって改善できるのかじっくりと検討する事が肝要ですネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>